「いのちのつながりを確認することがお彼岸です。」

平成31年春季彼岸法要、並びに、ペット供養祭無事、厳修

 

 

平成31年3月21日(木)、春のお彼岸の中日(ちゅうにち)に、春季彼岸法要、並びに、ペット供養祭が行われました。

 

30名ほどの檀信徒の方々にお集まりいただき、ご供養と参詣された方々の無魔息災を祈念致しました。

 

最初、当山、住職がお彼岸の意味と、供養する者のあり方をはなし、

 

「いのちのつながりを確認することが彼岸の役割である」と説諭しました。

 

 

参詣者の「般若心経」「光明真言」も高らかに、陽春の青砥のご先祖様に届けられました。

 

焼香の列は続き、想いと共にお香のかおりが本堂に遍満致しました。

 

 

約1時間の法要の後、お塔婆をお墓に手向けました。

 

ご参加いただけなかった方のお塔婆は、責任をもって当山住職が上げさせていただきました。

 

トップへ戻る